Category Archives: 未分類

高く買取されるには


トラクターの処分といえば、農機具の買取サービスを利用することが一番コストがかからない方法と言っても過言ではないでしょう。処分を決めたら、なるべく高く買い取ってほしいと思うのが当たり前でしょう。そのためには、高く売ることができるコツを知っておきましょう。

トラクターの値段というのは、年式と馬力によって決まります。トラクターは系車両ですので種類があって、その機種により馬力が決まってきます。年式の新しいものですと、馬力が大きくてもコンパクトなものがあります。年式が古くなればなるほど買取価格が下がりますので、使っていないトラクターがあるのなら、いち早く売却したほうが良いでしょう。

トラクターは使えば使うほどその価値は下がります。ですが、メンテナンスをしっかりとしておくことで劣化を防げます。丁寧に点検をしたり都度のメンテナンスを行っているトラクターでしたら、高い買取価格が期待されます。

高い価格で買い取ってほしいのならば、一括査定サイトを利用するのがよいでしょう。メンテナンスをしていない、使っていない、動かない、20年以上も古い、そんなトラクターであっても、発展途上国に輸出するなどのニーズがありえますので、買取対象となるかもしれません。

トラクターの価値


トラクターにはさまざまな車種があります。トラクターはまず馬力が重要です。広い田畑を耕すには、それだけ馬力の大きいトラクターが必要です。たとえば、50アールで15から20馬力、1ヘクタールで25から30馬力であり、買取査定価格をつけるうえでも、その馬力は必要不可欠な要素になります。馬力が大きければ本体も大きいのかというとそうではなく、最近のものは馬力が大きくても本体はコンパクトになっています。そのため、最新の年式のほうが買取価格も高くなります。

トラクターは使用時間によっても大きく値段が違っています。だいたいの目安としては1馬力100時間と言われていますので、馬力が大きければ大きいほど長く持つと言えます。そして、2WDと4WDのものがありますが、新機種はほとんど4WDで4WDのほうが扱いやすいです。水田は4WDのものでないと取り扱えませんが、畑なら2WDのものでも構わないでしょう。しかしながら、買取市場においてはニーズの多い4WDのほうが価値が高くなります。

メーカーについては、作業性には大きな差がありませんが、メンテナンスについてはメーカーがごとに異なりますし、中古市場においては、伝統や知名度のあるメーカーのほうが高く買い取られる傾向にあります。

処分予定のトラクター


高齢な両親や祖父母が農業をやめてしまった、また耕地面積が大幅に減ったり増えたりしたので、トラクターを買い替えたい、既に持っているトラクターが古くなった、または動かなくなったといった際、これまで持っていたトラクターを処分することになります。

トラクターでも20年以上たっていると、なかなか国内での需要もなく、部品も供給されていないので、修理すると言っても大掛かりなものですし、持っていてもランニングコストがかかります。農機具の市場というのは日々進歩しており、新しいトラクターが世に出ると、古いものの需要はたちまち少なくなります。新しいトラクターは馬力が大きくてもコンパクトな大きさですので、持っていても苦ではありません。ですので、買い替えることで農作業がスピーディーになることもあります。

トラクターの処分方法としては、中古トラクターを流通させている会社に買い取ってもらうという方法が考えられます。買い替える際に新商品を扱っているところに引き取ってもらったり、板金屋などにお願いして処分するといった方法もあります。しかしながら、処分の際には処分料金がかかることもありますし、新商品を扱っている農機具店では新しいものを流通させたいので古いものは相対的に価値が低いこともあります。

トラクターの買取


廃棄しようと思っているトラクターや、トラクターを新しいものに変えようとしている場合は、農機具の買取サービスを利用することが推奨されます。

トラクターにはいろいろな商品のバリエーションがあり、耕すことができる面積は、そのトラクターの馬力によって違います。たとえば、1ヘクタールの田を耕すのには、25から30馬力が必要で、2ヘクタール以上だと40馬力のトラクターが必要になるからです。そのため、耕地面積の変化によってトラクターを買い替えることもありますのでそれだけ、中古トラクター市場が活性化することが予想されます。

古くなったトラクターはどのようなものでも高く買い取ってくれるというわけではありませんが、たとえ古いものであったとしても、日本以外の国、主に発展途上国でのニーズがありますので、高く売れるといったケースもあります。特に、買取専門の業者であれば、そのような中古農機具の輸出を担当しているような商社との独自のパイプを持っている場合もありますので、高く買取される可能性が高いです。さらに、新規就農をはじ目用としている人にとっても、トラクターが中古で安く買えることは魅力の一つですので、買取について知っておくとよいでしょう。

トラクターの買取については、買取専門業者や農機具店、オークションや地域情報誌で必要な人に譲るなどさまざまな選択肢があります。一括買取を受け付けていますので、調べてみるとよいと思われます。